Traderstreet.net

投資に有益な情報を提供しています。

風が吹けば桶屋が儲かる

材料を自分の都合のいいように解釈する投資家をからかった言葉です。かつては家の軒先や街の角に飲み水用や火消し用に水を入れておく桶があり、それが台風などの強い風が吹くと壊れて桶屋が忙しくなった事から引用されているようです。一つの出来事が思いもかけないところにまで波及し、影響を及ぼすという例えです。材料が発表された時などは、直接関係する企業はもとより、一見全く関係ないと見えても回り回って影響を受ける銘柄についても、思惑の対象になることがあります。

スポンサード リンク

Page rendered in 0.1202 seconds